HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

二の腕もスッキリ!脳トレ&シェイプ!

腕を前に強く押し出し、

その下をくぐらせながらボールを投げ上げる。

アンダー・ジ・アームは

脳と二の腕を、スッキリさせるスキルです。


IMG_9967.jpg


ジャグササイズのレッスンあと、

今日も聞こえてくるのは

「あ~、気持ちよかった!」(^_-)-☆


風邪を吹き飛ばせ!

運動不足になると、体力が低下するため、
同じ仕事をしていても、疲労を感じやすくなります。

更に筋肉量が減ると基礎体温が低下、
結果、免疫力も低下し風邪をひきやすくなるのです。

ジャグササイズのクロウサイドと言うスキルは、
脚を大きく屈伸させながら、

腕を振り上げてボールをキャッチします。

20190125_140217 (2).jpg

この動作を繰り返す事で、
全身に血液が促され、代謝が上がり
筋肉も鍛えられるのです。

寒さで筋肉も委縮しがちな
この時期だからこそ、
ジャグササイズで風邪を吹き飛ばしましょう(^_-)-☆

 


笑顔でいっぱい(^_-)-☆

「数か月動かずにいると、脳の活動も低下する」
又、
「運動習慣は認知症のリスクを下げる」

ジャグササイズ本の推薦者でもある
認知症予防のスペシャリスト
医学博士「高瀬義昌」先生が、
講演で話された話である。

ここは脳と体を元気にする「ジャグササイズ」の出番とばかり
講演を聞きに来られた皆さんに体験して頂いた。

IMG_9277.jpg

皆さん、はじめての動きに戸惑うどころか、
楽しく体を動かして、
気が付けば、会場は笑顔でいっぱい!

IMG_9276 (594x794).jpg

そういえば、先生はこうも言っておられた
「楽しくやる事が一番の効果!」



背泳ぎポーズで、肩こり解消!

肩こりはズバリ、肩周りの筋肉を動かさない事が原因。

腕を回すという行為には、

肩周りの筋肉や肩甲骨周りの筋肉・神経を目覚めさせ、

血流の流れを良くする効果があります。

ジャグササイズには、バックストロークと言うスキルがあります。

その名のように、背泳をする時の要領で、

ボールを投げ上げながら、片手づつ腕を大きくまわしていきます。

20181123_135442 (1000x595).jpg

音楽に合わせリズミカルに動かせば、

肩周りだけでなく、骨盤周りに至るまで良い影響を与え

体全体の循環も良くなり、気分も爽快!

さぁジャグササイズで、身体と心のコリをほぐしましょう(^_-)-☆

突き上げて、二の腕シェイプ!!

掌を上にして、ボールを天に突き上げるように投げる。

このスキルは、肩周りの筋肉(僧帽筋・三角筋)だけでなく

腕の筋肉、首回りの筋肉を活性化させ、代謝を上げます。

20181109_140020 (1000x748).jpg


特に腕をまっすぐ上げる行為は、

二の腕(上腕三頭筋)の引き締め効果が期待できます。

加えて、下半身もバランスよく鍛えられるよう

足を屈伸させるスキルコンビネーション。


二つの事を同時に行う事で、脳を刺激しながら

しっかり体を動かして代謝アップ!

さぁ、ジャグササイズで脳と体を動かして

元気なカラダ、手に入れましょう (^_-)-☆






腿上げて、一石五鳥!

ヒップアップ
足の引き締め
美姿勢
股関節の強化
以上、太腿を上げる(ニーアップ)運動の効果です。

アンダー・ザ・レッグ・トスは
ボールを足の下に通さなければならず、
結果、腿をしっかりと上げることが出来ます。

20181102_140634 (1000x788).jpg

更にパスを終えた手を
真横に大きく広げることで、
腕や肩周りの代謝アップ効果も期待できます。

20181102_140619 (1000x748).jpg

一つのスキルでいくつもの効果を生み出す
オリジナル・メソッド、

それがジャグササイズです!
 


目指せ!太もも美人!

人体の中で、特に大きな筋肉の集まる「太もも」。

という事は、この「太もも」運動を繰り返せば、

代謝を上げ、太りにくい体を形成するのに役立ちます。


本日のジャグササイズは、

足を肩幅に開き、腰を落とした状態から、

大きく伸び上がり、ボールをキャッチして、

「太もも」を効率よく刺激する「クロウ・サイド」

左右に体を大きく振る事で、体幹も鍛えられる一石二鳥の動きで

健康・美ボディ、手に入れましょう!

20181026_140429 (755x1000).jpg

下半身を動かして、代謝アップ!

下半身の脂肪は取れにくく、痩せにくい。

それには血流を促して、代謝アップする

アンダー・ザ・レッグ・トスがお勧め!

20181012_140900 (632x1000).jpg

姿勢よく、脚の下にボールをくぐらせることで、

お尻(大臀筋)や太腿(大腿筋)はもちろん、

お腹の筋肉(腹斜筋)も大きく動かすことになります。

下半身の大きな筋肉を動かして代謝を上げることは、

脂肪燃焼はもちろん、冷え症の改善や

疲れにくい体つくりに効果的です!

ジャグササイズで健康な体作りを目指しましょう!


筋肉を固めるな!

脂肪は筋肉が固まって、

 

柔軟性がなくなっている部位につきやすくなります。

例えば、猫背で姿勢の悪い人は、

血行が悪くなり、筋肉が凝り固まり

背中に脂肪がついてしまいます。

そんな時は、ジャグササイズのネックパス!


普段は、あまり動かさない

 

背中から首にかけての筋肉(僧帽筋)を動かす事で、

血行促進、代謝アップ、脂肪燃焼の効果を狙います。

#ボール1つ 
#脳と体を元気に 
#ダンディGOオリジナルメソッド

#新しい健康スタイル 
#ジャグササイズ 
#アンチエイジング

#血行促進 
#代謝アップ 
#美姿勢 
#肩こり解消 
#脂肪燃焼


最年長は102歳!!


ジャグササイズは誰にでも優しい

フィットネス(健康体操)です!

#ボール1つ #脳と体を元気に #ジャグササイズ

#アンチエイジング #健康年齢アップ #サ高住
#代謝アップ #美姿勢 #むくみ・肩こり解消
 


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ