HOME > ブログ > 7ページ目

ブログ 7ページ目

美姿勢でダイエット!

正しい姿勢を維持する事は、

血流やリンパの流れを滞りなく促し、

代謝を向上させます。

これには、むくみ・肩こり解消、冷え症などの体質改善、

更に、シェイプアップや美肌にも効果があるのです。


常に姿勢を意識して行うジャグササイズ。

次第に姿勢が良くなる受講者の、

笑顔も素敵になって行きます。


ジャグリング・エンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO




二の腕ダイエット!

体の中でも痩せにくいと言われる「二の腕」。

筋肉よりも脂肪のついている量が多い二の腕は、

摂取カロリーを抑えても、なかなか減りづらいもの・・・。

更に脂肪が減っても、たるみが解消されるわけではありません。


普段の生活の中で、あまり使われていない二の腕(上腕三頭筋)を動かし、

脂肪を筋肉に変える事が、解消のポイントになります。


ジャグササイズには、腕を前に伸ばしたり上に押し上げたり、

上腕三頭筋に、しっかり刺激を与えられる動きあります。

更にボールを扱う事で、全身を隈なく使い、効果的に代謝を上げて行きます。


疲れも残さないジャグササイズで、

爽やかに汗をかいて、二の腕ダイエットしませんか?

ジャグリングエンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO




内転筋を鍛えて、ダイエット!

椅子に座っているとき、いつも膝を離していませんか?

また、そんな姿勢がキツイと感じるのであれば、内転筋が衰えています。

内転筋は、左右の太腿の内側をつけ、脚を閉じる時に使われる筋肉です。

実はこの内転筋が弱くなることで、内ももにお肉がつくことはもちろん、

代謝不良や便秘などを引き起こし、下半身全体が太くなってしまいます。


ボールを使ったジャグササイズのレッスンは、

脚を開いた状態から、内側に引き締め

バランスよく内ももの筋肉を使っていきます。


さぁ、ジャグササイズで内転筋を鍛え、

太腿を引き締め、痩せやすい身体を作りましょう!

ジャグリング・エンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO



もも上げでダイエット!

お尻と足のシェイプアップ。

きれいな姿勢を作る。

脚の老化予防。

腰痛予防など・・・

もも上げ運動で得られる効果は沢山あります。


もちろん、体の中で一番大きな太腿を動かすことは、

代謝を効率よく上げることにつながり、ダイエットにも有効です。


ジャグササイズでは、ボールが目安となり、

目標の高さまでしっかりと上げる事ができ、

キレイな姿勢が自然と身について行きます。


さぁ、ボールを使ったもも上げで、

楽しみながらダイエット出来るジャグササイズへGO!


ジャグリングエンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO

肩甲骨を動かして、背中ダイエット!

普段は意識が届きにくい背中。

ダイエットを頑張っている人でも、背中のお肉が気になっている方は多いのでは・・・?

背中のたるみやぜい肉は、筋肉の衰えが原因です。

姿勢の悪さから肩甲骨が開き、背中の筋肉が使われず衰えたるみにつながります。

たるみやぜい肉を放っておくと、筋肉量が落ち代謝が下がり脂肪が付きやすい状態になります。

ダイエットで大切な細胞も、血流が悪くなることで阻害されてしまいます。


ジャグササイズのレッスンは、

肩甲骨を中心に背中全体を使った運動も行います。

ボールを操りながら体を動かす事で、

普段は意識しないような背中の筋肉を働かせ、

背中全体の血行を促し、代謝の向上につなげていきます。


さぁジャグササイズで

楽しみながら背中ダイエット、

チャレンジしてみませんか?


ジャグリングエンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO



美姿勢でジャグササイズ!

姿勢が崩れると内臓の位置がずれ、内臓に負担がかかります。

負担がかかると、内臓が本来の働きをしなくなり、

その結果、消化吸収が上手く出来なくなり、肥満を助長する結果となります。

又、血液の流れが悪くなり、代謝が低下、脂肪燃焼効果を下げ


太りやすい体質になってしまいます。

更に悪い姿勢は、睡眠や自律神経など、精神的な面にも悪影響を及ぼします。


ジャグササイズで最初に行う事は、姿勢を整えることです。

そして、常に姿勢を意識してプログラムをこなしていきます。

良い姿勢は、動きを美しく変えていきます。

レッスンに通うごとに、その結果が目に見えてきます。


「最近、姿勢が良くなったって言われます」

今日もレッスン終了後、そんな声が聞こえてきました。

ジャグリングエンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO
 


暑い時こそ、脳トレ&美ボディ!

・・・痩せにくい部分とされているのが、二の腕。

二の腕には、力こぶが出来る上腕二頭筋と、腕の外側にある上腕三頭筋がありますが、

いわゆる「ふりそで」といわれるのは、上腕三頭筋。

日常生活で、編まれ使われることのない部位なので、

筋肉より脂肪が多く、たるみやすくなっています。

逆を言えば、脂肪を筋肉に変える事が出来れば、引き締める事ができるでしょう。


ジャグササイズには、腕で天をつく様にまっすぐ伸ばす動きがあり、

普段あまり使われない部位(上腕三頭筋)を、効率よく鍛える事が出来ます。

IMG_8602 (375x500).jpg


暑いからと言って部屋にこもっていませんか?

ジャグササイズで、脳トレ&美ボディ目指しましょう!


ジャグリングエンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO





熱中症にならない体づくり

急激な温度変化に体温調節機能が上手く働かず、

身体の中に熱が籠ってしまうと「熱中症」のリスクが高まります。

適切な発汗が行われていないのが大きな要因となります。

これを解消するには、普段から適切な運動で、

汗をかける身体を作る事です。

普段、運動不足な方でも大丈夫、

その人にあったプログラムで、少しづつ身体を慣らしながら、

汗のかける身体作りを行っていきます。

さぁ、あなたも

ジャグササイズで良い汗かきましょう!

ジャグリングエンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO



ジャグササイズで、良い汗掻きましょう!

汗には良い汗と悪い汗があるのをご存じですか?

良い汗はさらっとしていて小粒、肌の表面で蒸発しやすいのが特徴で、
少ない量でもしっかりと体温調整が出来ます。
代謝をあげ、美肌やダイエットにも効果的!

一方、べたべたしていてにおいのある汗、
大粒で蒸発しにくいのが悪い汗です。
ミネラルなどの大切な成分も一緒に出してしまい。
熱中症の原因にもなってしまいます。

悪い汗をかく原因には、運動不足、冷暖房に頼る生活で自律神経が乱れ
汗腺機能を低下させている事が考えられます。
熱中症を引き起こす原因にもなります。

良い汗をかくためには、日常生活の中で汗腺を鍛える事!
そのためには、やはり運動が一番です。

ジャグササイズは、簡単な動きの組み合わせで、
脳と身体を効果的に活性化させ、それほどキツイ運動でなくても
良い汗をかくことができます!


爽やかな汗をかくと気持ちもスッキリしますね~!

ジャグササイズで良い汗かいて、
頭も体も心も健康に!

ジャグササイズ考案者/ジャグリング・エンターティナー
ダンディGO
 


刺激ある毎日で、脳と身体を磨きましょう(^_-)-☆

身体と頭を同時に使う事で、相互間の神経伝達が盛んになり、身体が活性化してきます。
・・・また、
慣れていない事や新鮮な体験は、脳の活性化にとても効果的である事が分かっています。

・・・言い換えれば、
新鮮な体験もなく、刺激のない毎日を繰り返すと
脳の機能もどんどん衰えてしまうのです。

ジャグササイズは、ボールを操りながら体を動かし、
頭と体を同時に働かせます。
そして、毎回新しい事にチャレンジします。
繰り返し行う事で、出来なかった事が出来るようになり
達成感が生まれ、次へのチャレンジ意欲につながって行きます。

昨日のレッスンに、また新しい体験者がやってきました。
最初は緊張の面持ちだったその方にも、
すこしずつ、笑顔になっていきました!(^^)!

さぁ、刺激のある毎日で、
脳と身体を磨いてみませんか?!

ジャグリングエンターティナー/ジャグササイズ考案者
ダンディGO

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ